TOP > ボブ・サップが無気力負け…永久追放も
 ← 東京大気汚染訴訟、全面決着へ…原告が和解受諾を回答 | TOP | コリンズ監督と吉本のシルク“交際”発覚

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


ボブ・サップが無気力負け…永久追放も 

◆K−1欧州GP ○アーツ(1回26秒 ひざ蹴り KO)サップ●(23日、オランダ・アムステルダムアリーナ) 1年ぶりに和解したばかりのK−1とボブ・サップ=米国=が惨敗した。1年1か月前の敵前逃亡事件の清算のためにピーター・アーツ=オランダ=と戦ったサップは、1回26秒でKO負け。谷川貞治イベントプロデューサー(EP、45)は無気力試合ともいえるサップの戦いぶりに「和解できたと思える試合ではなかった」と怒り心頭で、最悪は可能性も出てきた。天才少年ファイター、HIROYA=フリー=はK−1海外デビュー戦を白星で飾った。
誰よりもそれを望んでいたのは倒されたサップ本人だ。総合ではなくK−1であることすら忘れたのか、開始ゴングと猛然とタックル。勢い余って両者倒れ込んだが、起き上がるなり、アーツが左前蹴りを見舞う。二の矢の左ひざが、サップのダブついた腹に突き刺さると、両ひざをついてもん絶。オランダ遠征の職務は、26秒で終わった。
 目の肥えた2万5000人のオランダのファンはブーイングだけでは済まさなかった。
パン、缶ビール、氷、オレンジ…。リング目掛けて次々とモノが投げ入れられた。昨年5月に敵前逃亡したオランダでの惨敗。ノーコメントで会場を後にした。アーツはあきれ果てて苦笑いするしかない。谷川EPは「改心したと思って試合を組んだのに。あれは和解といえる内容の試合ではない。裏切られた気持ちです。今後のことはまた弁護士と相談して決めたい」と、ため息まじりに話した。
和解の握手は5日で水の泡。状況は悪化した。最悪の場合は独占契約を結ぶK−1が永久追放を通達することもあり得る。
完全フリーになるのはところ。再就職先は見つかるのか。

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.06.25(Mon) 23:02] スポーツTrackback(0) | Comment(-)
↑TOPへ


Trackback

この記事のURL:
http://yahoostation.blog101.fc2.com/tb.php/10-bdf4d630
 ← 東京大気汚染訴訟、全面決着へ…原告が和解受諾を回答 | TOP | コリンズ監督と吉本のシルク“交際”発覚

最近の記事

カテゴリー

リンク

最新ニュース検索

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。